映像教材『エリンが挑戦!にほんごできます。』

Information in English at the bottom of the article.

国際交流基金(ジャパンファウンデーション) 日本語国際センターが、NHKと制作した若者向け映像教材『エリンが挑戦!にほんごできます。』が、日本国内で2006年10月6日(金)から放送開始します。また、NHKワールドNHKワールドプレミアムでも放送します。たとえばマレーシアのAstro (Ch. 35)やMiTV (Ch. 67)でNHKワールドプレミアムを見ている人は、マレーシア時間10月8日早朝2:40(まちがいでした)早朝0:40、つまり7日夜の12:40からです。NHK放送テキストは、海外からならAmazon.co.jpClub Japanなどで買えます(ISBNコード  4-14-189408-7)。テレビ放送のあとで、DVDとテキストも販売されます。とくに中等教育で教えているみなさんは、ぜひ今のうちにテレビを見て、授業で使って、コメントしてください。
番組について、くわしくは下をご覧ください。

New Japanese language TV program by the Japan Foundation "Getting into NIHONGO" starts on 6 Oct 2006. Japanese title is "Erin ga chousen! Nihongo dekimasu." which means "Erin's Challenge! I Can Speak Japanese." You can learn Japanese expressions and culture through daily life of Erin, an overseas student and her friends in a Japanese high school, her Japanese host family and people in town. Enjoy mini skits and cute animation!

OA time:

  • NHK Educational (in Japan from 6 Oct 2006))
    Fri. 23:00 - 23:20
    [repeat] Thu. 12:10 - 12:30
  • NHK World (from 7 Oct 2006)
    Sat. 20:30 - 20:50
    [repeat] Sat. 23:40 - 24:00, Sun. 10:40 - 11:00, 17:35 - 17:55
  • NHK World Premium (from 8 Oct 2006)
    Sun. 01:40 - 02:00

    In Malaysia, 02:40 - 03:00 (Sorry it was incorrect) 00:40 - 01:00 (i.e. midnight Saturday) at NHK World Premium (Astro Ch. 35 or MiTV Ch. 67). At NHK World TV (MiTV Ch. 66), Sat. 19:30 - 19:50, 22:40 - 23:00, Sun. 9:40 - 10:00, 16:35 - 16:55 (Malaysian Time). For other countries, please check available services in your area at NHK World info page.

Textbook will be available at Japanese bookstores including Amazon.co.jp.
ISBN: 4-14-189408-7

| | コメント (1) | トラックバック (0)

放送大学おすすめ

協調学習とテクノロジー、教育工学関連でおすすめの放送大学講義です。すべて現在放送中です。

教養学部
学習科学とテクノロジ('03)  水 10:30 三宅 なほみ(中京大学)
学習科学('04) 金 20:45 波多野 誼余夫(放送大学)、大浦 容子(新潟大学)、大島 純(静岡大学)

大学院
教授・学習過程論('02) 月 14:30 波多野 誼余夫(放送大学)、永野 重史(国立教育政策研究所)、大浦 容子(新潟大学)
情報教育論('02) 火 14:30 赤堀 侃司(東京工業大学)、野嶋 栄一郎(早稲田大学)、菅井 勝雄(大阪大学)

シラバスの入手はこちら:http://www.u-air.ac.jp/hp/
放送大学>講義内容・担当教員>教養学部(または大学院)放送授業科目検索

なお、三宅なほみさんの活動については、こちらでオンデマンドで見られます。「学習科学とテクノロジ」の内容と一部重なります。
未来を創る科学者達
(8)中京大学 三宅なほみ 「未来の教室 人の賢さを育てる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかる国語 読み書きのツボ

さいきん日本語についての本やテレビ番組が多くなりました。その中でも、NHK教育テレビで4月から始まったわかる国語 読み書きのツボは、とても使えそうです。
光浦靖子とパペットマペットが出ることで少し前から話題になっていましたが、番組のサイトを見て、充実しているのにおどろきました。今までも教育テレビのサイト「学校放送オンライン」には、いろいろ便利な情報がありましたが、この「わかる国語 読み書きのツボ」のページは教材として利用することをよく考えていて、しかもうまく使えば、日本語学習者や教師研修のためにも利用できます。

かんたんにそれぞれのコーナーの内容を紹介します。

「おたのしみのツボ」には、アンケートやクイズ、ゲームがあります。1回目は「ですますでございます」というテーマで、「ふつう体」と「ていねい体」の使い分けについてのアンケートに答えると、その後で自分の答えとアンケートの集計結果のグラフがいっしょに表示されるので、自分の使い分けが他の人とどう違うか、比べることができます。

「パペットマペットのへや」ではWindows Media Playerでコントが見られるので、海外でもこれを使った課題を出すことができます。ただストリーミング再生なので、授業で見せるための保存はできません。

「ぶんぽう教室」では今週のテーマについて子ども向け、教師(親)向けに説明がしてあって、海外の非母語話者教師にとって、日本の小学校でどうやってわかりやすいことばで説明するのか、その例として参考になります。説明しているのは飯間浩明さんです。

「国語そうだん室」では質問をメールフォームで送ることができます。海外の大人も送れるようです。

「台本を読む」は、番組のスクリプトとして使えます。印刷して教材に使ってよいと書いてあります。

番組ホームページの上に「ばんぐみ」というタグをクリックすると「あらすじ」が見られます。ここには重要なシーンの写真と説明があって、番組の内容がだいたいわかります。右上の「あらすじ」ボタンを押すと、印刷しやすいレイアウトになります。

おもしろい使い方のアイディアがあったらコメントしてください。

放送予定はこちらです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

体験!メディアのABC

2002年度に放送されたNHK「体験!メディアのABC」が2004年3月の深夜にまとめて再放送されています。次回は3月25日早朝(24日深夜)です。番組サイトには小学校用の教案や教材もあります。今週録ったのはナレーション、コマーシャルの分析と作成。どちらも日本語の授業で利用できそうです。

小学校高学年向け教材なので、少し子どもっぽいのですが、1回が15分という短い時間に、わかりやすいことばでまとめてあります。海外の現職者教師研修、とくに中等教育教員の研修で、メディアリテラシーを扱う必要性を感じていますが、今までのうちの研修では総合日本語というトピックシラバスの中でときどき扱ってきています。今後は、研修にもよりますが、もう少し教師としての視点で考えさせる必要がありそうです。

ほかに役立つ番組としては、やはりNHKで2003年11月3~6日に放送された「メディアがひらく教育の未来」という4回シリーズが秀逸でした。とくに第2回「情報を読み解く力を鍛える-IT立国フィンランドの試み-」、第4回「育てよう!話す力聞く力-埼玉県川口市上青木小学校-」はおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)