すしのエチケット?

Google Videoなどで、「日本の形-鮨-」という寿司についてのパロディ・ビデオが、"Documentary On Japanese Sushi"というタイトルで配信され、一部の日本ファンの間で話題になっています。日本語と英語のスクリプトを自分でタイプして、blogにのせている人までいます。

このビデオだけを学習者が見た場合、どうなるでしょうか。またみなさんは自分のコースの学生に紹介しますか。下のコメントやトラックバックでご意見を書いてくださるとうれしいです。

ビデオの始めのところはここで見られます(subtitleはありません)。元になっているビデオはこちらです。主な出演はラーメンズで、ラーメンズの日本語学校というCDを出したこともあります(入手は難しいようです)。

ついでに寿司関係の「ふつうの」リンクを少し書きます。

theSushiBar.com
http://www.thesushibar.com/
エチケットのページもあります。

Sushigary.com
http://www.sushigary.com/
Garyさんが寿司の作り方を写真と動画(有料)で配信しています。カリフォルニア巻きだけは無料で動画が見られます。

「みんなの教材サイト」から(下のリンクはトップページからログインしてからクリックしてください)
すし・さしみ
日本人の生活:「すし」は世界の食べ物!?
にほんごアートギャラリー(19)  おすしアート

Japanese culture and daily life / Japanese Fast Food Part3--Kaitenzushi
国際文化フォーラムのTJF Newsletter No.31の記事です。

すしテスト

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NECの子ども向けインターネット利用法ページ

NEC:あんぜん・あんしん・インターネット
を見ました。下のように説明されています。

NECが提供する、初めてインターネットに向き合う子ども(小学生)と保護者の方向けに、インターネットへの理解を深め、安全に楽しく使いこなしていくための、ルールやマナーを中心とした学習サイトです。

たしかに、怖さよりもメリットを上手に前に出して、絶対必要な注意点だけをいっしょに伝えています。日本語母語話者の子どものためなので、非母語話者の慣れていない表現もたくさんありますが、イラストもあって、一つ一つの文章が短くまとめてあるので、読みやすくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK「ネット社会の道しるべ」

NHK 夏のテレビクラブ「ネット社会の道しるべ」が、下の日時に放送されます。
8月12日(木)教育・前9・30~9・55
8月23日(月)教育・後7・30~7・55(再)
最近このような番組や勉強会が多いのは、こうした教育が必要だと大人が感じているだけでなく、「今の子どもがよくわからない」という不安を大人が感じていて、何とかしなければ、と思っていることが表れているのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット ルール&マナー検定 こどもばん

財団法人インターネット協会では、「インターネットにおけるルールとマナー検定(こどもばん)」を2004年8月10日(火)から9月10日(金)までweb上で行うそうです。大人版のページではサンプルも見られます。きっと子ども版のサンプルもできるでしょう。

インターネットを利用する子供のためのルールとマナー集(こどもばん)」と同じくらい、かんたんな日本語だといいと思います。これから、現職教師研修のトピックとして「メディアリテラシーと教育」はとても重要です。この検定を例にして、いろいろな国で日本語を教えている、特に初等・中等教育の先生方と、話し合いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンポジウム『高校普通教科"情報"への期待と課題』

8月に教育システム情報学会(JSiSE)主催 シンポジウム『情報化時代に対応した大学入試と能力評価』がありますが、これに先立って、情報教育シンポジウム『高校普通教科"情報"への期待と課題』が7月31日に行われます。高校のほうにとても興味があるのですが、当日は日本語教育学会の実践研究フォーラムのために行けません。いらっしゃった方、あとで教えてください。
以下転載します。
------------------------------------
情報教育シンポジウム
『高校普通教科"情報"への期待と課題』のご案内
主催:情報処理学会,教育システム情報学会

1.開催の趣旨
 新教育課程の実施に伴い,平成15年度から高等学校で教科「情報」の授業が開始され,21世紀の高度情報通信ネットワーク社会に対応した情報教育が,本格的に推進されている。
 情報教育の充実は,世界最先端のIT国家を目指すe-Japan戦略を推進する上での重要な施策でもあり,産官学が共同して,今後,さらに情報教育を進展させていく必要がある。
 教科「情報」実施後1年が経過したこの時期に,情報教育に携わる先生方,関連する各界の方々にお集まりいただき,会場の参加者とともに,現状を振り返り,今後の情報教育の在り方を展望する。

2.日時
 平成16年7月31日(土) 10:00~17:30
------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験!メディアのABC

2002年度に放送されたNHK「体験!メディアのABC」が2004年3月の深夜にまとめて再放送されています。次回は3月25日早朝(24日深夜)です。番組サイトには小学校用の教案や教材もあります。今週録ったのはナレーション、コマーシャルの分析と作成。どちらも日本語の授業で利用できそうです。

小学校高学年向け教材なので、少し子どもっぽいのですが、1回が15分という短い時間に、わかりやすいことばでまとめてあります。海外の現職者教師研修、とくに中等教育教員の研修で、メディアリテラシーを扱う必要性を感じていますが、今までのうちの研修では総合日本語というトピックシラバスの中でときどき扱ってきています。今後は、研修にもよりますが、もう少し教師としての視点で考えさせる必要がありそうです。

ほかに役立つ番組としては、やはりNHKで2003年11月3~6日に放送された「メディアがひらく教育の未来」という4回シリーズが秀逸でした。とくに第2回「情報を読み解く力を鍛える-IT立国フィンランドの試み-」、第4回「育てよう!話す力聞く力-埼玉県川口市上青木小学校-」はおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)