グループウェアの教育利用(教師ネットワーク)

グループウェアの教育利用(教師ネットワーク)

授業で使ったり、教師同士が情報共有したりするために、無料でウェブベースのいろいろなグループウェアを探しています。これまで試してみたものについてメモを書いておきます。ポイントは、インターフェースが使いやすい、グループ内だけに限定できる、ファイルの共有ができる、過去ログを検索しやすい、の4つです。

Googleグループ
http://groups.google.com/
いいと思ったところ:Googleドライブなど、Googleですべて管理できる点、また広告が目立たない点が良い。タグで整理する、"Expand all"でスレッド内容をすべて表示するなど、Gmailに慣れている人には使いやすい。トピックの担当者を割り当てられるのも便利。
もの足りないところ:中国などからグループページにアクセスできない場合がある。知人の場合、Gmailでグループメールは読めるが、グループにアクセスできないらしい。Gmailを使わない人には慣れるのに時間がかかると思う。

Facebook
http://www.facebook.com/
いいと思ったところ:すでにユーザー数が多く、日本語教師、学習者とも慣れている人が多い。Closed Groupにすれば、友達にならなくても参加でき、個人的な情報と混ざる心配はない。
もの足りないところ:中国などからアクセスできない場合がある。また、過去の話題の検索結果や、内容表示が見にくいように思う。Facebookの使い方(個人的な情報の公開範囲など)は人それぞれなので、使い方の異なる人との接点を持ちたくない人もいる。学校によっては教育利用ができないところもある。

zohoディスカッション
https://discussions.zoho.com/
いいと思ったところ:クローズドのフォーラムで、トピックごとに表示できる。ファイル添付は100kbまでだが、zohoドキュメントなどを併用すると大きなファイルも添付できる。日本語の検索も可能。「トピックをフォロー」しておけば、メールで受信もできる。Googleドライブなど、Googleのサービスの連携が多様。
もの足りないところ:無料と有料で差が大きいので、注意が必要(多くは他のサービスを組み合わせれば解決できる)。Googleのサービスと連携する場合は、中国などからアクセスできない可能性があることを考える必要がある。zohoのアカウントを取得する必要がある。

edmodo
http://www.edmodo.com/
いいと思ったところ:Facebookに似たインターフェースで教育用に特化しているため、多くの人に使いやすい。
もの足りないところ:2012年8月現在、言語は英語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、ギリシャ語、フランス語で、日本語がない。

サイボウズLive
https://live.cybozu.co.jp/
いいと思ったところ:レイアウトが見やすく、教師ネットワーク利用でもじゃまなものが少ない。20名まで無料。
もの足りないところ:21名以上は有料。

freeml
http://www.freeml.com/
いいと思ったところ:メーリングリスト運営ツールだが、ウェブ上でログインすれば、過去ログもトピック別に整理され、共有ファイルや、過去のメールに添付された書類も管理できる。会社からユーザーにうるさい宣伝メールはあまり来ない。
もの足りないところ:無料版では広告が大きいのが難点。表示言語は日本語のみ、文字コードはEUCのため、言語によっては文字化けするか。

ほかにメーリングリストを中心とした次のサービスも使っているある。いずれも、Googleグループと同じで、メール受信だけならだれでもできるが、過去ログの閲覧や検索、ファイル共有などのweb上の機能を使うには、それぞれのサービスのIDを取得する必要がある。

Yahoo!グループ http://groups.yahoo.co.jp/
Yahoo! Groups http://groups.yahoo.com/
Windows Live グループ http://windowslive.jp.msn.com/group.htm

その他、以下の2つは会社用で教師ネットワークには合わないが、使いやすそうな無料サービス。

Rグループ
http://www.r-groupware.com/
会社向け。人数制限なし。ファイル制限もなさそう。

SkyDesk
http://www.skydesk.jp/
会社向け。便利だが、海外から使用不可

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き順の学習(筆順フォントと書き順学習サイト)

書き順(筆順)を教材に入れたり、学習者が自分で学習するツールをご紹介します。

  • 筆順フォント(一画ずつ増えていくもの)
    モトヤイワタモリサワニィスなどのフォントメーカーから市販されています。ほとんどは教育用フォントがいくつか入っているパッケージになっていて、金額もかなり高いのですが、一つだけでダウンロードできるものもあります。よく調べたり、問い合わせをしたりして、目的に合っているものを買いましょう。モトヤは教育用に3年間だけ使える安いフォントがありますし(2010年終了)、ニィスも丸徳フォントという安いパッケージに教科書体と筆順フォントがすべて入っています。インストールした後、使いたい漢字を探すには、普通のワープロの入力と違って、特別な方法でしなければなりません。

  • 筆順フォント(書き順の数字が入っているもの)

    漢字の筆順のフォント(ティムさん)
    ティムさんが作成されたフォントで、123などの書き順の数字が付いた漢字のフォントがダウンロードできます。

    なぞり教材作成のためのフォント
    ボランティアグループ「象の会」のサイトでダウンロードできる、ひらがなとカタカナに数字のついたフォントです。(2015年8月リンク修正)

  • 学習者がインターネット上で筆順を学習できるサイト
    いろいろなサイトがあります。こちらからリンクしています。その日学習させたい漢字にリンクをつけて、学習者に直接アクセスさせると良いでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TUFS言語モジュール|日本語 会話モジュール

東外大言語モジュール|日本語の会話モジュールのために、学習者ガイドが準備されているそうです。マレーシアのマルチメディア大学で8月21,22日に行われたMultimedia Adventure in Languagesという研究会での、東外大の海野先生、野村さんらの発表で知りました。

この東外大言語モジュール|日本語には、機能・場面ベースの会話、発音、語彙、文法のモジュールが用意されていて、会話モジュールは日本の大学での1年間の学生生活が場面になっています。海外の私たちが使うときに、いろいろ状況が違うので、まるごと使わせてもらうことは難しいでしょう。

発表を聞いたマレーシアの先生方は、便利そうだけどこれじゃ使えない、と思われたでしょうか。それとも、ここをこう使えばうちのコースでも役に立つ、と思われたでしょうか。それを考えるときに、コース全体の目標や設計、機能や場面、文法項目のリスト、学習者や教師のための利用ガイドがあれば、とても役立つと思います。

現在は、説明の言語も全体構成も、言語学や言語教育の知識がある、日本人教師向けに作られているように思います。海外の日本語教師の7割は非母語話者なので、その人たちがこのようなリソースを使えるように、インデックスが作られたり、セミナーが開かれたりすると良いと思います。これはTUFS内部で全部準備する必要はなくて、外部と協力したり、外部の人たちが利用例を発表していけばよいのでしょう。また、東北大の才田さんがセミナーで言っていましたが、これらを教師や学習者が利用するためのポータルサイトも必要ですね。

それにしても、東外大は言語モジュールのほかにも、多文化コミュニティ教育支援室、多言語・多文化教育研究センター、REXなど、私たちの仕事と関わりの深い、おもしろいことをいろいろやってますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すしのエチケット?

Google Videoなどで、「日本の形-鮨-」という寿司についてのパロディ・ビデオが、"Documentary On Japanese Sushi"というタイトルで配信され、一部の日本ファンの間で話題になっています。日本語と英語のスクリプトを自分でタイプして、blogにのせている人までいます。

このビデオだけを学習者が見た場合、どうなるでしょうか。またみなさんは自分のコースの学生に紹介しますか。下のコメントやトラックバックでご意見を書いてくださるとうれしいです。

ビデオの始めのところはここで見られます(subtitleはありません)。元になっているビデオはこちらです。主な出演はラーメンズで、ラーメンズの日本語学校というCDを出したこともあります(入手は難しいようです)。

ついでに寿司関係の「ふつうの」リンクを少し書きます。

theSushiBar.com
http://www.thesushibar.com/
エチケットのページもあります。

Sushigary.com
http://www.sushigary.com/
Garyさんが寿司の作り方を写真と動画(有料)で配信しています。カリフォルニア巻きだけは無料で動画が見られます。

「みんなの教材サイト」から(下のリンクはトップページからログインしてからクリックしてください)
すし・さしみ
日本人の生活:「すし」は世界の食べ物!?
にほんごアートギャラリー(19)  おすしアート

Japanese culture and daily life / Japanese Fast Food Part3--Kaitenzushi
国際文化フォーラムのTJF Newsletter No.31の記事です。

すしテスト

| | コメント (1) | トラックバック (0)

インターネット日本語しけん すしテスト

海外で日本語を学習している中学生、高校生のために、インターネット日本語しけん すしテストという楽しいサイトができました。インターネットを使って、いつでも、どこでも、だれでも、何度でも試験が受けられます。日本語能力試験のように、級が認定される正式な試験ではありません。でも楽しくて勉強になるテストです。

くわしくは国際交流基金による説明をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留学生のためのコンピュータ用語集

富山大学留学生センター『留学生のためのコンピュータ用語集』Web版
"A Word List of Computing for Learners of Japanese" HTML version

Flashを使った使いやすい用語集です。日本語(漢字、ひらがな)、英語、中国語(簡体字)で書いてあります。

この富山大学のコンテンツの一部を元にして、日本語教師のために作り直したのがこちらです。
『みんなの教材サイト』 > 「コンピュータを使う」

| | コメント (0) | トラックバック (0)