« 日本語国際センターに戻りました | トップページ | JOM MAKAN »

シャドーイング

シャドーイングのおもしろい教材が増えてきました。

  • DVD教材「日本語でシャドーイング」
    http://www.gsjal.jp/toda/shadowing.html
    早稲田大学大学院日本語教育研究科 音声コミュニケーション研究室(戸田貴子さん)による教材です。オンラインでビデオの内容が見られます。シャドーイングとは何か、また学習方法を説明している「解説編」と、ほかに2つのビデオ教材があります。これでシャドーイングの学習方法を覚えた後で、他のビデオや生の日本語を使って、「いつでもどこでもシャドーイング」ができるようになることを目指した教材です。
  • シャドーイング 日本語を話そう
    斎藤仁志 吉本惠子 深澤道子 小野田知子 酒井理恵子 著 
    http://www.9640.jp/xoops/modules/bmc/detail.php?book_id=2449
    CDに合わせて、かんたんな日常会話を使ってシャドーイングの練習ができます。シャドーイングの利用は中級向けと思われがちですが、1~2ペアからの短い会話で練習することで、初級の学習者でも自習できるようになっています。英中韓の翻訳付です。

関係のある論文やエッセイも紹介します。

  • 望月通子(2006)シャドーイング法の日本語教育への応用を探る ― 学習者の日本語能力とシャドーイングの効果に対する学習者評価との関連性を中心に
    http://www.kansai-u.ac.jp/fl/publication/audio_visual/29.html
    シャドーイングの解説と、日本語授業で実際に使ったときの効果、学習者によるアンケート結果について書いています。
  • 玉井健(2005)シャドーイングは万能薬なのか(全3回)
    http://www.eigokyoikunews.com/eigokyoiku/essay/200503/
    シャドーイングの理論と効果について、わかりやすく説明しています。玉井さんは英語教育でシャドーイングを利用することについて研究をしていらっしゃいます。

|

« 日本語国際センターに戻りました | トップページ | JOM MAKAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5024/42652202

この記事へのトラックバック一覧です: シャドーイング:

« 日本語国際センターに戻りました | トップページ | JOM MAKAN »