« ブログ「ねつまメモ」開始 | トップページ | 留学生のためのコンピュータ用語集 »

宇宙の「温かいガス」って程よい温度?

ごんざぶログ: 宇宙の「温かいガス」観測 行方不明物質の謎、解明か

「温かい」というのはおもしろい表現だ。これまで知られていた1000万度以上の高温ガスに対して、今回のガスはより温度の低い「別物」であることを示そうとしたのだろう。gooの国語辞典で調べると「気温や温度が程よい。あったかい。」とあるが、温度10万-1000万度が程よい温度とは思えない。朝日新聞の記事では単に高温ガスとしているが、なぜそれではいけないのか。素人なりに少し調べてみたら、ここ10年ほどの間に高度なX線観測によって直接観測されていたものが高温ガス(hot gas)と呼ばれていたが、今回のものは間接的に観測された、X線を放射していないものらしい。一般向けとはいえ、「高温ガス」とだけ書いては発見の意味合いが異なってくるのかもしれない。読売の記事では1000万度以上のものを超高温ガスと書き分けているが、このような言い方にシフトしていくのだろうか。

ところで、今回のガスは記事では「これまで行方不明とされていた物質」とあるので、いわゆる通常物質の範疇に入って、暗黒物質(ダークマター)や暗黒エネルギーではないということなのだろう。どうもこの手の話題になると子どものとき読みふけったマンガの世界に入ってしまうあたりが、ぼくの限界のようだ。

|

« ブログ「ねつまメモ」開始 | トップページ | 留学生のためのコンピュータ用語集 »

コメント

「温かい」で調べて「あったかい」が出てくるということは、この2つは違う意味ということですかね^-^;。気温と温度の概念が違うことに高校時代驚きました。体感としては同じなんですが・・・地学の先生がおっしゃるにはその空間に存在する原子が外気の状況で活発に動き、物体(人間)にぶつかって暑いor寒いと脳が判断してるらしいです。だから夏場暑いときは「今日はものすごく痛いね~」って言えって力説されてました^-^j
どこまでがあったかくて どこから高温のか気になりますね。この話みて思い出したのですが、数字を区切るとき1,000ってコンマ打ちますよね?これをコンマにするかピリオドにするかで全世界的に議論したらしいですよ。結果は各々使い分けることになったらしいですが(笑)知ってましたか?w

投稿: 意見者 | 2004.04.27 23:26

「今日はものすごく痛い」っていうのはおもしろいですね。温度についてはこんなページを見つけました。それから温度の感じ方については、こんなの見つけました。中学生やりますね。
コンマとピリオドについてですが、英米とともに小数点にフルストップ(ピリオド)を主張していることになっているオーストラリア国内でさえ、分野によっては揺れがあったと記憶しています。難しいですね。

投稿: ねつま | 2004.04.28 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5024/365870

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の「温かいガス」って程よい温度?:

« ブログ「ねつまメモ」開始 | トップページ | 留学生のためのコンピュータ用語集 »